LOGO
Page top

BLOG

  • HOME
  • BLOG
  • キャンプ
  • 三重県孫太郎オートキャンプでの釣りキャンが最高だった

三重県孫太郎オートキャンプでの釣りキャンが最高だった

2022/05/27 0:13

はい、俺です。

 

職場の愉快な仲間たち3人で釣りキャン行ってきました。

 

 

今回の旅のお供はMENONENではお馴染みのTヤンと…

 

 

まだ後ろ姿ですがうちのWEBチーム期待の星、ワラッパーT屋くんです。

入社して半年ですが今までにいたWEBチームの誰よりも優秀です。

ありがたやありがたや。

てかワラッパーて何やねん。

 

取り合えずMENONENデビューおめでとうございます。

 

 

で、そんなワンカップTヤンとワラッパーT屋くんを迎えに行くとこからスタートでした。

 

 

出発~途中経過

 

という訳で一行は大阪市内から三重県の「孫太郎オートキャンプ」を目指して出発。

 

 

途中の、甲賀?甲南?だったっけ?どうせ滋賀のはずれの方でしょう。

その辺のパーキングへ寄って休憩。

 

 

(やはりラーメン食ってしまった)

 

そして孫太郎の最寄りのインターで降りて…えっと紀伊長島だったかな?

どこかのブログ記事で仕入れたこのスーパーへ寄りまして。

 

 

オークワさん。

ここ安くてよかったです。

 

けっこうBBQ用の肉とか、夜食分まで食材買い込んだんですが5000円台くらいだった。

 

そこからしばらく走って到着。

 

到着

 

はい、孫太郎オートキャンプへ着きまして。

 

 

一同感動でした。

キャンプサイトのすぐ後ろがサーフというね。

 

釣り放題です。

キス釣り放題。

 

 

孫太郎オートキャンプ

〒519-3204

三重県北牟婁郡紀北町東長島浅間海岸

TEL:0597-47-5371(9:00~18:00)

http://magotarou.com/

 

 

俺から見たTヤン。

 

 

 

Tヤンから見た俺たち。

 

 

まずは到着後に一休みして…

 

 

いや~ロケーション最高ですね。

 

そこから気合で一気にテントの設営へ。

 

 

 

(手伝ってくれ…)

 

そんな声が聞こえてきそうな1枚。

 

 

ソロキャンとかも普段からこなしてるらしいTヤンですが

ペグ打ちも手慣れたものでした。

 

だんだんと組みあがっていくテント。

ていうかデカくね?

 

 

デカくね?

 

 

デカくね?

 

 

デカい…

 

3人でキャンプするには充分すぎる広さ。

インナーテントが3つくらい入りそうな広さですね。

そしてお値段も充分。

 

 

 

釣り編

 

 

さて、2人が汗を流して組み立てたテントを見届けて、張り切って釣りへ。

テントサイトから釣り場まで徒歩15秒。てか階段降りるだけって感じ。

 

 

で、サーフって思ってたんですが、砂浜というよりは砂利ですね…

 

 

けっこう砂利がすごくて遠投してもボトムはずっと砂利っぽかったので

「ホンマにキス釣れるんやろか…」と不安に。

 

 

今回、釣り初体験のT屋くん。

早くも仕掛けの天秤を2個もロストし、ちょっと凹み中。

 

 

何かしら釣らないとなぁと思い、俺も必死でキャストしてたんですが…

アタリはけっこうあるんだけどなかなか乗らない。

 

やっと乗ったと思ったらナニコレ。

 

 

ネンブツダイ?

ヘダイの小さいやつ?

何か分からないけど、取り合えずボウズは逃れた。

 

 

 

初挑戦って事でキャスト練習でいろんなジグ投げたりしてもらったんですが

やっぱ最初って力入ってしまったり、竿先でラインが絡まったりで大変なんですよね。

 

何か数年前に釣りを始めた頃の感覚を思い出して俺も懐かしい気持ちになりました。

それでも何とかT屋くんに釣って欲しいなぁと思ってたんですが…

どうなる事やら?

 

 

そして一通りテント周りの設置を終えてTヤンも遅れて釣り参戦です。

 

 

それからしばらくすると…

 

 

出ました奇跡の男。

やっぱりやってくれました。

 

 

何かニヤニヤしてますね。

 

 

しれっとキス釣ってました。

 

持ってますこの男。さすがです。

 

 

さらにこの後もう1匹追加でキス2匹GET。

夜のBBQに備えて食料を蓄えられました。

 

 

何か年に1度キャンプしに来る先行者のオジさんいわく

小さいけどキスなら14~15匹くらいは釣れたとの事。

でもオジさんの狙いはヒラメやマゴチだったので全部逃がしたらしいです。

てかそんなに釣れるって事に驚きでしたね。

 

砂地じゃなくて石がゴロゴロしてる場所だったのでズル引きするだけでもけっこう難しかったです。

 

 

BBQ編

 

消灯が22時までとの事なのでそれまでに火を使う事は済ませなければいけません。

釣りにハマりすぎて遅くなってしまったけど、急いでBBQ準備へ。

 

 

肉はたっぷりと買っておいたのでじゃんじゃん焼いていきます。T屋くんが。

 

 

 

Tヤンが釣ったキスの下処理をしていきます。

 

 

キスが爆釣するんだったら天ぷらとかにしてもよかったんだろうけど

うちらはそんな想定してなかったので、丸焼きで無理やり食うって感じで。

 

 

ひたすら肉・肉・肉…

そして小魚。

 

ご飯はサトウのパックを湯煎して食べました。

メスティンで炊いたりもいいんですけどね、なんせめんどい。

 

 

 

せっかくのBBQなんでステーキっぽいのも行っとこうって事で。

 

 

イイ感じに焼けてました。

 

 

食後は焚火を囲んで…

 

 

後は夜更けまでひたすら3人で語り合いました。

 

日本の未来について(←?)

 

 

翌朝

 

朝はなぜか勝手に6時とかに目が覚めてしまいまして。

 

 

で、もっと驚いたのがT屋くんがいなくて

彼は俺よりもさらに早起きだったらしく散歩に行ってたのこと。

 

 

で、俺は朝マズメを狙いに再び徒歩15秒の釣り場へリベンジ。

 

 

そこから7時過ぎまでキャストし続けてみたんですがアタリすらナシ。

潮的にも干潮っぽかったので水位も低くて微妙でした。

 

 

 

そしてチェックアウトに備えて片付けに入るんですが、その前にシャワー室へ行ってみました。

 

 

コインシャワー100円で3分使えます。

数も多くて同時に8人くらいは使えるんじゃないでしょうか。

 

俺はシャンプーとトリートメントする時間が欲しかったんですが何とか6分(200円分)でいけました。

 

 

 

シャワーから戻り、モーニングコーヒーの時間かなぁと思ったんですが

奇跡の男がまだ寝てまして。

 

 

Tヤンが起きてくれないと俺とT屋くんはバーナーの火のつけ方すら知りません。

 

 

 

チェックアウトしてお昼ご飯

 

という訳でそれからしばらくしてゆっくりと片付けを終え、11時くらいにチェックアウト。

(本来なら12時までは滞在できます)

 

 

モーニングコーヒーを飲みながら当日(2日目)の計画なんかを話してたんですが

「ご当地ラーメン…」

「伊勢海老…」

「牡蠣…」

と、いろんな妄想をしながら最終的に

「海鮮丼」が満場一致で決定。

 

そこからはテキパキとググるだけです。

さすがITキャンパー。

 

 

という訳で周辺で一番うまそうでお値段も手ごろそうなお店を発見。

何てったって名前がいかしてる。

「ぷくぷく」さんへ訪問。

 

 

 

 

もちろん3人とも「海鮮丼」をオーダー。

お値段2000円。

 

 

 

この手前の刺身がマンボウとの事。

 

 

はい、お二人ともご満悦でした。

 

 

何かこの天かすのポリポリ感が意外とよかった。

何か斬新でした。

 

そして量がすごい。

刺身が2層式に重ねっててボリュームがやばい。

その代わりご飯はちょっと少なめな感じ。

 

そして問題のマンボウがこれまたうまい。

例えるならハマチくらいの食感でブリほど脂も乗ってなくて若干コリコリ感サクサク感があるような感じ。

 

ぷくぷくさん、大当たりでした。

グーグルマイビジネス、いいサービスですね。

 

 

2日目の釣りへ

 

せっかく海に来たんですから、他の漁港なんかも様子見したいなぁと。

 

 

で、これもまたグーグルマップ見てフラっと来てみたとこだったんですが、孫太郎の対岸くらいの位置になるのかな。

 

到着した時にびっくりしたのが、孫太郎の釣り場にいた先行者のオジさんが来てました。

向こうも気づいたらしくてちょいちょい「アタリあります?」みたいな会話をはさみながらみんなで釣行を楽しみます。

 

で、実際昨日の孫太郎のサーフよりもアタリはあるんですが、10cmくらいの小さい魚の感じですね。

多分サビキすれば入れ食いなんだろうなぁみたいな。

 

 

で、そのアタリの正体はコチラ。

「ヒイラギ」でした。

 

オジさんに聞いてみたら「それ多分ゼリメじゃないですか?」って言うんで調べてみたらヒイラギという魚で

この辺りの呼び名ではゼリメっていうらしい。

 

これキス狙いの時によく釣れる外道とのことw

はい、その通りでしたw

 

やたらとヌルヌルネバネバしてました。

 

 

そしてついに!

T屋くんも初GETです!おめでとう!

 

釣り初挑戦で1匹釣るのも大変なのに彼はこの後さらに2匹釣れてまして大喜び。

俺も大喜び。

初めて釣れた時って嬉しいもんですよね。

 

 

 

そしてしばらくして、ずっと粘っていたこの奇跡の男がまたもややってくれました。

 

 

 

ここでもキスGET!前日に引き続きキス釣れたのはTヤンだけです。おめでとう!

すばらしい。

俺はずっとヒイラギしか釣れないのに。

 

 

そして、時間が経つとヒイラギからこいつがよく釣れるようになりまして…

 

 

ネンブツダイです。通称キンギョって呼ばれるやつ。

これが大群でうじゃうじゃいたので「アタリの感覚を知る為に」という試練をT屋くんに与えまして…

 

そこでもなんとかGETしてもらいました。

 

 

いいですね、さわやかなイケメンのような顔してました。

取り合えず何かしら釣れてよかった。

これできっと彼も釣りの世界にハマっていく事でしょう。

ちなみに彼はスケーターボーイです。

 

 

帰宅

 

結局、何ヵ所かポイント回ろうかと考えてたんですが、ここの釣り場が意外とおもしろくてあっという間に17時。

ボチボチ帰ろうかって事で納竿です。

 

6~7時間くらいは釣りを楽しめたんじゃないでしょうか。

お陰で日焼けがやばい。

7時間もじっと直射日光当たってるなんてもうヤケドのようなもんです。

 

家に帰ってからはアロエのお世話になってるところです。

釣りやりだした頃にもそういう事あったな…

 

 

そして嫁にお土産として「赤福」を買って帰りたかったんですが

帰りに寄ったパーキングでは赤福が売り切れだったもんで…

 

 

 

なんかパチモン感のするこちらを買ってみたんですが…

ちょっと微妙だったかなw

赤福の代わりにはなれなかったですねw

 

 

 

あとがき

 

という訳で今回、初のテントでのキャンプを体験できたんですが

まず孫太郎の場所がとても素晴らしくて、景色もいいし気候もよかったんでとても居心地がよくて。

 

隣にはガチキャンプ好きそうな夫婦がそれこそ2人にしてはデカいテントで焚火を楽しんでたりで

かと思えばチラホラと小さなテントでソロキャンを楽しんでる人達もいたり。

それぞれいろんな楽しみ方があっていいなぁと。

 

料金もテントサイトだったら電源アリの区画でも6000円とかなのでけっこうお手頃ですね。

うちらみたいに3人とか、4人とかの少人数のキャンプだとちょうどいいんじゃないでしょうか。

 

今後は秋に備えて自分ら用のキャンプギアを揃えたいなぁなんて思ったりしてます。

 

 

 

最後に、キャンプ場の手配や予約とキャンプ用品、何から何まで面倒見てくれたTヤン。

そして何でも率先して手伝って、いろいろと気遣ってくれたT屋くん、2人に感謝します。

 

2人のお陰でとてもいい時間を過ごせたし、いい経験ができました。ありがとう!

 

2人とは今後も釣りに行きまくる事になるかと思うのでこれからも楽しみです。

 

 

さて、新車がだいぶ汚れまくってるんでそろそろ洗車しないとなぁ…

 

ではまた近いうち!

アディオス!

 

1295 Views

コメントはこちらから

※コメントは承認後に反映されます
■投稿のプッシュ通知です
※解除する時は再度上記ボタンから解除を選択してください。