Page top

BLOG

アラフォーとしての過酷な現実、その生き方を語ってみる

2020/05/24 3:56

はい、俺です。

最近いきなりなんですが夕飯の後にウォーキングを始めてみました。

まだ3日目ですが。

 

何でいきなりそんな事を、しかもこのタイミングでやり始めたかは後述したいと思います。

 

 

初日は大阪城へ

 

大阪城を一周してみて、初日は様子見って感じでした。

なかなかの広さなので一周するだけでもけっこう歩くんですよ。

 

 

大阪城までは歩いて15分くらいですが、これを一周して天守閣の方も回って帰ってくるだけで合計1時間半とか歩いたんじゃないだろうか。

初日はこんなもんで終了。

 

 

ウォーキング2日目は天王寺方面へ

 

2日目は逆の方へという事で天王寺方面へ。

チャリではちょいちょい通ってる道ですが、歩いてみるとまた見える風景が変わりますね。

 

 

何かおもろいもんがないかと、何か撮れるもんがないかと、常にそんな事を思いながら生きてるのはブロガー病ってやつです。

 

 

で、ハルカスが見えてきて気づいたんですが…

 

 

ニコちゃんマークになってましたね。

 

 

はい。

 

2日目はけっこう歩いて往復3時間くらいかな。

 

 

なかなかでした。

 

3日目は奈良の方角へ…

 

3日目は奈良方面でどこまで行けるかってのを挑戦してみたんですが、高井田止まりでした。

往復約4時間、さすがに足が痛かった。

そして腰も痛かった。

 

で、何でいきなりウォーキングなのかというとですね…

何かしら運動したいんだけど、消去法で「歩く」というものを選んだだけです。

 

ご存じの通り、長年のラーメン生活によって血液がドロドロ、体がボロボロの俺なもんで。

で、しかも今のタイミングだと自粛自粛で釣りにも行きにくい。

チャリで通勤とは言ってもたかだか15分程の距離です。

 

毎月通院する度にドクターに「ちゃんと運動してますか?」と言われる生活がもう2年。

最近すごく腰が痛くなって、チャリ漕ぐのもけっこうしんどい。

代謝が落ちてすぐに太る体質に。

 

ラーメン頻度を減らしても一向に改善がないので、この体の不調を何とかするには結局運動して体質改善するのが近道だろうと。

取り合えずそう信じて踏み切る事ができました。

 

 

いきなり筋トレとかでもよかったんですが、多分そうなると続かないんですよ。

ジムに行くのがまずハードル高いです。時間と金銭的に。

 

で、ジョギングっていう選択肢もありますが、元々走るのは得意じゃないし、第一につまらない。

体力的にも挫折しやすいと思ったんです。

 

次に何かしらのスポーツをやるという選択肢。

これも好きなものが特になかったので却下。

何かあればよかったんですが、なかなか一人とか二人とかでサクっと夜間にできるようなものが思い浮かばなかった。

 

チャリで長距離を走るというのもアリですが、パンクや事故のリスクも高まるのでもうちょい安全な方がいいなと。

 

そして消去法を繰り返して「ウォーキング」になりました。

けっこう2時間も3時間も“大切な時間”を奪われるので精神的にはつらいです。

この数時間がもったいない。ホンマにもったいない。

 

でもやるしかない。

このままでは体が死んでしまうでしょう。

代謝が落ちてどんどん太るでしょう。

 

少しでも体質改善していかないとこのまま本当に中年~初老の体になってしまう。

 

何でオッサン達がよく歩いたり走ったりしてるんだろうと不思議に思ってましたが、今ならよく分かりますね。

恐らくみんな同じ気持ちで「焦り」を感じた人らなんでしょう。きっと。

 

で、道歩いてていきなりストレッチとか始めちゃうオッサンとかたま~におるけど、それもよく分かります。

ホンマに体が動かないんですよ。いきなり。

 

三十路を過ぎた頃に「体の衰え」的なものは感じた事がありましたが、その当時はまだそんなにそこまでの危機感みたいなもんはなかった。

で、「40過ぎたらもう一山きますよ」という話は聞いた事があったんだけど、それが今でした。まさに今でした。

 

この体力の衰えに負けないように少しでも改善していかないと…その葛藤というか、焦りみたいなもんを多分今後ずっと続けていかないといけないのだろう。

と、そう考えた時にものすごく憂鬱な気分がやってきました。

だいぶ落ち込みますね。

 

普段あまり体を動かしてない人、年取ると急にきます。マジで。

何かしらの行動を。早めの行動をオススメします。

 

 

ラオウさんの墓参り

 

先日、去年の7月に亡くなった猫のラオウさんのお墓参りへ行って来ました。

 

 

阿波座にあるペットの納骨をされてるお寺です。

もうすぐ1年か、早いなぁ。

 

最近ホンマ時間過ぎるのが早いです。

時間が過ぎるのが早いと自分が全然何も成長してないような、そんな気持ちになってさらに憂鬱になります。

「あのころの気持ちと何も変わってないぜ」なんて、若いころはそうやって突き進む事が正義だと思ってたのに。

今ではただ青いだけの精神年齢の低いオッサンの出来上がりです。

 

ただただ悲しいもんです。

 

 

熱帯魚屋さんへ寄ってみた

 

3グループまでの入店制限をされてたのでけっこうな時間待たされましたが、そこはちゃんと待たないとね。

 

 

途中、後から来たオバハンがうちらを追い抜いて自動ドアをこじ開けて入っていったけど、店員に追い返されてました。

こういう貼り紙とか読めない人がちょいちょいいますよね。

 

 

 

九条のアワジヤさん。いいお店でした。

で、熱帯魚屋さんなのになぜか餌用にピンクマウスとか生きたコオロギとか売ってて、家のヒョウモントカゲモドキの為に買って帰りました。

 

たまには回転寿司

 

九条といえばスシロー。

 

 

何と言っても安い。

そして寿司が小さめなのでいろんなのが楽しめる。

ん~前向き。

 

 

そしてこの顔である。

 

 

やっぱ魚はうまい。

赤海老最高です。

 

 

靴もらった

 

またまたアディダスの靴をいただきました。

 

 

シンプルでイイ!

ただ、長さ的にはサイズよかったんだけど、横の幅がちょっと窮屈。

履いてるうちに馴染んだらいいんだけど。

アマゾンでめっちゃ安かったらしい。

多分2,000円台とか?

 

気になる方は探してみてください。

ちょっと大きめを買った方がいいかも。

 

 

ヒョウモントカゲモドキのコオロギチャレンジ

 

はい、早速買って来たコオロギを初めて与えてみた。

ちゃんと食べてくれるかなぁ~…

 

 

と、そんな心配は不要でした。

一瞬で10匹たいらげるほどの食欲。

 

 

そしてこの顔である。

 

 

やっぱリアクションバイトというか、動いてるものへの意識がヤバイ。

シュババ!って食べに行く俊敏さがなかなか見てる側もクセになる感じね。

 

 

水槽に新しい仲間

 

グラミーが全滅してしまった悲しい出来事がありましたが、やっぱ生命力の強い魚の方が初心者向きなのかなと思いまして…

今度の仲間はコチラ。

 

 

錦鯉。

去年はよく釣りに行った鯉ですが、今回はその鯉を飼ってみることに。

 

 

 

近所のホームセンターで売り出された時からけっこう前から目はつけてたんですが、いつの間にか成長してデカくなってましたね…

 

取り合えず元気そうな2匹を飼ってきました。

 

 

色がけっこう珍しい感じですね。

まだ小さい頃はそんな感じなのかな。

 

この小さな水槽でどこまで大きくなれるのか分からんけど、今度こそは長生きして欲しい。

 

 

 

グラミーは小さくていかにも弱々しかったけど、これくらい大きさのある鯉だったら体力的にも大丈夫かなと。

ちなみに相変わらずイジメっこのタビラは他の水槽に隔離してます。

 

これでドジョウ3匹、錦鯉2匹、タビラ1匹って感じになりました。

最初に魚を飼い始めたのが去年の11月のマドジョウからなので、約半年ですね。

タチウオ用として買った餌用だったマドジョウがまだ元気にピンピンしてます。

 

そう考えるとやっぱドジョウは強い方ですね。

鯉と仲良くやってくれるといいんだが。

 

では今回はこの辺で。

 

また近いうち!

アディオス!

 

 

927 Views

PICK UP!

コメントはこちらから

※コメントは承認後に反映されます
■新規投稿のデスクトッププッシュ通知を受け取れます(個人情報入力不要&無料)
※アンドロイドスマホの方もプッシュ通知受け取れます ※解除する時は再度上記ボタンから解除を選択してください。

Menu

Search

About Me

管理人(記事書いてる人)

tossy696

・大阪在住
・WEBデザイナー
・ラーメン好き
・バス釣り
・元バンドマン

ラオウさん

・アメショー(♂)
・2004/3/31 - 2019/7/1

Ranking

2018/07/16

淡路島の野池入れ食いですよ奥さん!1日目

2018/05/27

京都宇治川、伏見港&塔の島へバス釣りの旅

2020/09/23

淡路島タチウオはまだ時期が早いのか…!?

2018/08/27

東北バス釣り旅行、3日目!綱取ダムでおかっぱり!

2018/08/18

毛馬クリークで2度目の奇跡を見た

  • Category